HOME > FOGHORN
FogHorn

FogHornは、効率的でスケーラビリティの高いエッジ解析プラットフォームを提供し、産業機器からのセンサデータを現場でリアルタイムに処理することができます。 FogHornソフトウェアスタックは、エッジとクラウド上で動作するサービスの組み合わせです

なぜFogHorn

FogHornは、市場で最初のエッジネイティブAIソリューションであり、革新的なビジネス結果をもたらします。

 
FogHorn1
安全なオンサイト・インテリジェンスのためのリアルタイムでの実用的な洞察

Lightning™ Edge AI Platformは、データが作成され、意思決定が行われるビジネスの中で、AIのパワーを安全にエッジにもたらします。このプラットフォームは、大容量、多品種、高速のライブセンサーデータやマシンデータのリアルタイム分析を実現し、限られたコンピューティングと接続性に最適化されています。

 
FogHorn2
組織全体の改善を推進するための高品質の予測洞察

FogHornのEdgification™テクノロジーにより、機械学習(ML)モデルをエッジ化(超効率的なエッジ実行のためにモデルを最適化)して、モデルサイズを最大80%削減できます。これにより、MLとAIが可能な限りデータソースに近づき、利用可能なすべての生データが利用され、より優れた洞察を備えたより高速で効率的な操作が可能になります。

 
FogHorn3
通信、クラウド処理、ストレージのコストを100〜1000倍削減

産業用センサーデータの大部分をエッジで処理すると、データの転送とストレージのコストが大幅に削減されます。消費ベースの価格設定ではなく、FogHornのサブスクリプションにより、節約がさらに促進されます。さらに、必要なネットワークおよびセキュリティリソースが少なくて済みます。このアプローチは、データ集約型のユースケースで特に強力であり、ビデオセンサーの使用の増加に対処するのに理想的です。

FogHorn4
すべての主要なクラウドプロバイダーと連携します

FogHornのLightningはクラウドにとらわれず、ハイブリッドおよびマルチクラウドの展開を容易にします。これにより、クラウドの「ロックイン」が回避され、交渉力が高まり、調達コストが削減されます。多くのユースケース固有の要因が合わさって、1つのクラウドソリューションが他のソリューションよりもはるかに費用効果が高くなる可能性があるため、現在および将来のニーズにとって、オプションを開いたままにしておくことが重要です。

FogHorn5
OT部族の知識を簡単に活用

Foghorn Lightningは、基本的に、既存の制御システム上で実行される、邪魔にならない運用分析およびインテリジェンスレイヤーです。関心のあるイベント(状態監視、予知保全、障害検出などに関連する)を作成および表現するためのOT中心のツールキットを提供します。これらのツールを使用すると、オペレーターの部族の知識を簡単に表現して、実用的な洞察を引き出すことができます。

FogHorn6
既存の小さなフットプリントとコントローラーハードウェアを活用

FogHornは、既存の産業用制御システムと高度に制約されたエッジコンピューティングデバイスで実行するように設計されており、データソースに可能な限り近いリアルタイム分析とMLを可能にします。これにより、ヘビーコンピューティングや新しい産業用制御システムへの投資が最小限に抑えられ、ソフトウェアは、MBのメモリからマルチコアサーバーまで、利用可能なコンピューティングに基づいて適切なサイズにすることができます。