HOME > FILEFLEX
QNEXT File Flex

FileFlexは、既存のPC、ファイルサーバ、ストレージに保存されたデータを外部とセキュアに共有する仕組みを提供し、ファイルの複製や第三者のサーバーにデータを預けることなくセキュアなファイル共有を実現するサービスです。

FileFlex 概要ビデオ
 

ハイブリッドITのためのゼロト
ラスト型遠隔データアクセス・
共有プラットフォーム

どんなハイブリッドITのインフラストラクチャでも
シームレスなアクセス・シェア・コラボレーション

 
FileFlexエンタープライズとは?
 
FileFlexエンタープライズは業界で初めて、ハイブリッドITのために
セキュアな遠隔データアクセス・共有・コラボレーションを提供する
プラットフォームです。

FileFlexエンタープライズは一括インターフェースを通して、ハイブ
リッドITインフラストラクチャ上のすべてのコンテンツに対し、完全
にオーディットされ、かつIT管理を施したアクセスを提供します。リ
モートオフィス、オンプレミス企業サーバー、部署ごとのNAS、個別
のPC、プライベートクラウド、パブリッククラウド、SharePointのほ
か、Microsoft Azure、Google Cloud、Amazon S3などのIaaSなど
もすべて扱えます

FileFlexエンタープライズは、サーバーやストレージ、人員等の追加
が不要です。また、コストが増大することなく拡張できます。

ゼロトラスト型サイバーセキュリティ・ソリューションとしての
FileFlexエンタープライズ
 
FileFlexエンタープライズは、当社のゼロトラスト型アーキテクチャ(
特許取得済み)に基づいて新規に構築した唯一の遠隔アクセス・共
有・コラボレーション用プラットフォームです。ゼロトラスト型アーキテ
クチャは、すべてのトランザクションを毎回認証することで(「絶対信
用せず毎回認証」)、従来の境界ベースのセキュリティーを強化する
ものです。

ネットワークのインフラストラクチャにアクセスを与えず、データの遠隔アクセスを実現
他社の主要なソリューションでは、アクセスのある別サーバーにデータを複製するか(EFSS)、ネットワーク・インフラストラクチャへの直接アクセスを許可します(VPNやリモートデスクトップ )。FileFlexエンタープライズは、共有するデータからインフラストラクチャを抽象化し、必要であればファイル単位の高粒度でセキュアなデータアクセスを提供し、VPNを使わずに企業のインフラストラクチャへの不正アクセスを防止します。
 
FileFlexエンタープライズは、遠隔でのデータアクセス・共有・コラボレーションにおけるデータガバナンスをもたらします

IT担当者は、必要であればファイル単位の粒度ですべてのストレージに対し共有アクセス権とユーザーのパーミッションを管理します。このとき、Active DirectoryやLDAP、デバイス・パーミッションは尊重されます。管理コンソールには、全ユーザーの全操作をリアルタイムで監視できるビューがあり、その内容をインシデント管理ツールにエクスポートすることもできます。PIIとPHI情報のガバナンスや、GDPRやHIPAAのコンプライアンスを実現するのに最適なツールです。
 
FileFlexは既存資産を有効利用します
 
FileFlexエンタープライズは、既存サーバー上の仮想マシンに展開する純ソフトウェア・ソリューションです。通常、サーバーやストレージ、人員等の追加は不要で、コストが増大することなく拡張できます。料金は、毎月ユーザーごとに固定料金がかかるだけです。

Intel SGXプラットフォーム・ハードニング
 
FileFlexエンタープライズでは暗号化キーの生成に、Intel® SGXプラットフォームによりハードニングされたSecure Enclaveを使うこともできます。こうすることで、最も深いシリコン自体のレベルで保護を強化し、共有データへのアクセス・伝達のあらゆる段階で、たとえシステムが侵害さあたときでも漏洩・改ざんを防ぐことができます。
intelロゴ

 
既存アプリケーション内で動作し、機能を強化。ワークフローは変化しません
 
FileFlexエンタープライズはMS OfficeやAdobe、AutoCADなどの既存のアプリケーション内で動作し、企業インフラストラクチャ上の遠隔ファイルを利用できるようにします。ユーザーがワークフローを変える必要はありません。例えばMS Officeを使う遠隔ユーザーが、企業ストレージ上のファイルをインターネットを介して、まるでローカルデバイス上にあるかのように開き、編集し、保存することができます。そしてユーザーは初めて、ダウンロードやアップロードをせずにAutoCADなどの大きなファイルでコラボレーションできるようになったのです。
 

FileFlexエンタープライズの違い

FileFlexエンタープライズは一括インターフェースを通して、ハイブリッドITインフラストラクチャ上のすべてのコンテンツに対し、VPNなしでIT管理を施したアクセス・共有・コラボレーションを提供します。そして、すべてのコンテンツ・ロケーションの間でデータをセキュアに移動・コピー・マイグレーションできます。リモートオフィス、オンプレミス企業サーバー、部署ごとのNAS、個別のPC、プライベートクラウド、パブリッククラウド、SharePointのほか、Microsoft Azure、Google Cloud、Amazon S3などのIaaSなどもすべて扱えます。.
 

FileFlex

既存アプリケーション内で動作し、機能を強化。ワークフローは変化しません。

FileFlexエンタープライズはMS OfficeやAdobe、AutoCADなどの既存のアプリケーション内で動作し、企業インフラストラクチャ上の遠隔ファイルを利用できるようにします。ユーザーがワークフローを変える必要はありません。例えばMS Officeを使う遠隔ユーザーが、企業ストレージ上のファイルをインターネットを介して、まるでローカルデバイス上にあるかのように開き、編集し、保存することができます。そしてユーザーは初めて、ダウンロードやアップロードをせずにAutoCADなどの大きなファイルでコラボレーションできるようになったのです。


 

主要機能

•バーチャルデータルームを無制限に作成
•マルチロケーションの遠隔ファイル管理
•ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、IaaSの各環境に対応
•SharePoint対応
•頑健・セキュア・プライベートなファイル共有
•ネットワーク上のデバイスを遠隔でアクセス・シェア
•簡単で分かりやすい操作
•生産性を向上
•データ主権を保護
•短時間でインストール、設定、保守
•充実した管理ツールキット
 

 
 
•動作ログ/フルオーディットトレイル
•ソース位置からファイルをストリーム
•画像・動画の自動バックアップ
•ファイルサイズやストレージの制限なし
•Active DirectoryとLDAPと統合
•カーボンフットプリントを低減
•複数ロケーションに対応、全ストレージをひとつのダッシュボードから一括管理